2015年4月に創業し、鎌倉を拠点に展開するアロマ生チョコレートの専門店「ca ca o」。

そんなca ca oの商品である「小町通りの⽯畳 雪男」が、イギリスで開催された歴史的なチョコレート品評会「アカデミーオブチョコレート 2018」にて約900作品が出品する中、最高位の金賞を受賞しました。

金賞を受賞した「小町通りの石畳 雪男」はコロンビア産の希少なカカオ豆のみを使用し、口に入れた瞬間にほどける口溶けと華やかに広がる香りが堪能できる、ca ca oオリジナルのアロマ生チョコレートです。

ほのかにスパイシーさが香る、カカオ分45%の力強いカカオテイストのミルクチョコレートに創業300年を迎える⻘木酒造が作り上げた銘酒「純米酒 雪男」を合わせました。雪室で寝かせ、丁寧に作った⾟口ですっきりとしたキレのある雪国のお酒と、チョコレートの相性は抜群です。

そして、ダブル受賞を果たしたのは、銅賞を獲得したこちらの「小町通りの石畳 パッション」。

エキゾチックでキュート、コロンビアをイメージしたパッケージにパッションフルーツの生チョコレートを詰めました。カカオ分45%のミルクチョコレートにパッションのピューレを贅沢にブレンド。ミルクチョコの持つカカオ感、パッションの酸味とフレッシュ感をお楽しみ頂ける一品です。