ジャーナリスト/キャスターの堀潤さんと、恵比寿に密着したローカルメディア「恵比寿新聞」の高橋ケンジ編集長が定期的に主催されている『伝える人になろう講座』。その出張版が7月21日(土)に北鎌倉にある円覚寺の境内・仏日庵で開催されます。

SNSなどでの情報発信のスキル・伝えるスキルを身につけることは、裏を返せばデマなどの誤った情報を見抜き、正しい情報を受け取れることを意味します。

堀潤さんの新刊『SNSで一目置かれる 堀潤の伝える人になろう講座』の中でも書かれている「大きな主語より小さな主語」「オピニオンよりファクト」とは何か、というところから学び、ワークショップを通じて情報発信のスキル・伝えるスキルを身につけることができる講座です。

▼ お申込みはPeatixページより

当日のコンテンツ(予定)

☆前半

・「大きな主語より小さな主語」のお話
・「オピニオンよりファクト」のお話
・メディアはそもそも「フェイク」を内にはらんでいるお話→アメリカのフェイクニュース、日本でのwelq問題、「大本営発表」、トラディショナルメディアが抱えている課題、スマホの情報が偏っている話、など
→災害時に強い個人発信のお話

☆後半

・前半に教えていただいた内容を基にしたワークショップ。

こんな方にオススメ!

・デマ・フェイクニュースに流されない、情報の「正しい受け取り方」を身につけたい方
・SNSなどでの情報発信のスキルを身に付けたい方
・地域、社会とつながりたいと考えている方

堀潤さんのご紹介

ご実家が鎌倉にある、ジャーナリスト/キャスターの堀潤さん。
元NHKアナウンサーで2013年にNHKを退局しNPO法人「8bitNews」代表に。現在、TOKYO MX「モーニングCROSS」キャスター、J-WAVE「JAM THE WORLD」ナビゲーター、Abema Prime 月曜レギュラー、またYahoo!ニュース個人などで多数連載中。
そして2018年3月には新刊「SNSで一目置かれる 堀潤の伝える人になろう講座」を朝日新聞出版より刊行されました。

8bit news

高橋ケンジさんのご紹介

恵比寿新聞編集長の高橋ケンジさん。
恵比寿に密着したローカルメディア「恵比寿新聞」を2009年に立ち上げ、 広告収入型メディアではない地域応援型プロジェクトメディアを確立。 渋谷区初の地域子育てコーディネーターとして2016年から渋谷区非常勤職員として従事。
ビルの屋上やベランダ、 学校などの教育機関等のスペースを畑や田んぼとして活用する、 都市型農的ライフスタイル=アーバン・ファーミングの輪を拡げる活動を行っているNPO法人Urban Farmers Clubの代表も務める。

恵比寿新聞

イベント概要

■ 日時
2018年7月21日(土)9:00~11:00
■ 会場
円覚寺山内佛日庵(北鎌倉の円覚寺内)
■ アクセス
JR横須賀線北鎌倉駅 徒歩1分
詳細: http://www.engakuji.or.jp/access.html
■ 住所
〒247-0062 鎌倉市山ノ内409
■ 参加費
お一人様 2500円(税込)
※別途、 当日に円覚寺の拝観料300円が必要です。
■ 人数
先着50名
■ お問い合わせ先
合同会社鎌倉新聞社 info[at]kamakura1192times.com ※[at]を@へ変換が必要です。