Graffer(R) 窓口印刷

行政手続きの効率化サービスを手掛ける株式会社グラファーは、住民が市役所へ書類を提出する際の「手書き作業」を減らす実証実験を鎌倉市と共に開始しました。

グラファーは2018年11月、鎌倉市のライフイベントに関わる行政手続きをウェブ・スマートフォンでわかりやすく案内する「鎌倉市 くらしの手続きガイド」試験運用版の提供を開始。鎌倉市では月に約1,500件のライフイベントに関わる手続きが行われています。

一方、「鎌倉市 くらしの手続きガイド」には、月間で1,000を超えるユーザーのアクセスを記録。

鎌倉市 くらしの手続きガイド

そして。今回新たに始まったサービス「Graffer(R) 窓口印刷」。

「鎌倉市 くらしの手続きガイド」で洗い出された提出書類をウェブ・スマートフォンで事前に作成できます。フォームに必要項目を入力し、表示されたQRコードを鎌倉市役所の本庁舎1階受付に置かれた専用端末へかざすだけ。事前に入力した情報が記入された提出書類をまとめて印刷することができます。

なお、書類の印刷時に住民の費用負担はありません。

今回の実証実験では、手続き書類を作成するときに繰り返し記入が求められる4つの項目(氏名・住所・生年月日・電話番号)を事前入力の対象としていますが、今後は住民の活用状況に応じて項目を増やす予定です。

現段階では住民が市役所の窓口まで足を運んで手続きを行う必要がありますが、将来的にはウェブ・スマートフォンのみで手続きを完結できるよう、機能開発を進めています。