fender

フェンダーミュージック株式会社は、JAZZMASTERの誕生60周年を記念して60年前に開発されたプロトタイプを完全復刻したモデル「60th ANNIVERSARY ‘58 JAZZMMASTER」を4月11日(水)に発売しました。

同時に、JAZZMASTER 60周年を記念して、レオ・フェンダーが夢見た「ジャズプレイヤーが奏でるJAZZMASTER」を現実のものとする「FENDER JAZZ CLUB」を11月3日(土)に湘南 T-SITE (1号館2階 湘南ラウンジ) にてオープンします。

9月16日(日)までの対象期間中にJAZZMASTERを購入した方の中から抽選で30組60名様を、一夜限りの「FENDER JAZZ CLUB」へご招待。JAZZ MASTERS(=ジャズの名手たち)がJAZZMASTERで極上のJAZZ を奏でる、そんなスペシャルなジャズライブの第一弾出演アーティストに、現在の日本ジャズシーンを牽引するギタリスト小沼ようすけとベーシストの日野”JINO”賢二が決定しています。

追加出演者などイベントの続報はフェンダー公式サイトをご確認ください。

60th ANNIVERSARY ‘58 JAZZMMASTER

60年前の1958年、レオ・フェンダーがジャズプレイヤーのために作り出したJAZZMASTER。

オリジナルモデルの‘58 JAZZMASTERはオフセットシェイプとユニークなトーンを奏でるピックアップ、リズム/リード切り替えコントロールといった斬新な機能をフィーチャーし、フェンダーギターとしては初のローズウッド指板を装備していました。今では現存しないそのプロトタイプを、写真や当時の資料、また長年勤務するフェンダーの社員などあらゆる情報から分析し、出来うる限り忠実に再現されました。

アッシュボディに美しく吹き付けられた2カラーサンバースト、アノダイズドピックガードといった仕様が高級な佇まいを演出し、現行タイプには見られないテレキャスタータイプのボリューム、トーンコントロールノブなどオリジナルな存在感を放っています。

この特別なJAZZMASTER には「60th ANNIVERSARY JAZZMASTER」特製ロゴの入ったオリジナルネックプレートが採用され、付属のツイードハードケースの内側にも同様のロゴが刺繍であしらわれています。

60th ANNIVERSARY ‘58 JAZZMASTERは、その発表から60年にわたり、独自の歴史を刻み続けるきっかけとなった、オリジナルのプロトタイプJAZZMASTERへのオマージュ作品です。

製品名:60th ANNIVERSARY ‘58 JAZZMASTER
価格:280,000円(税抜)
発売日:2018年4月11日(水)
製品ページ:https://shop.fender.com/ja-JP/0173800703.html

イベント概要

イベント名: FENDER JAZZ CLUB
開催日: 2018年11月3日(土)
時間:開場17:00 / 開演18:00
場所: 湘南 T-SITE (1号館2階 湘南ラウンジ)
〒251-0043 神奈川県藤沢市辻堂元町6丁目20番-1

キャンペーン応募方法

対象購入期間: 2018年4月11日(水)~ 2018 年9月16日(日)
応募受付期間: 2018年4月11日(水)~ 2018 年9月30日(日)午後11時59分
応募対象者: 対象期間中にFENDERのJAZZMASTERを購入された方

※FENDER、FENDER CUSTOM SHOP、SQUIERの全てのJAZZMASTERが対象となります。
当選者の発表: 当選された方にはE メールでご連絡します。
賞品: FENDER JAZZ CLUBご招待…30組60名様
応募方法:https://shop.fender.com/ja-JP/jazzmaster-event-2018

出演者

小沼ようすけ

小沼ようすけ

2001年にSONY MUSICよりデビュー。現在までにSONY他から10 枚のリーダー作品をリリースする。近年はワールドミュージック要素を採り入れながら、世界を繋ぐ創作活動を続ける。リーダー作以外のコラボレーション、セッションにも積極的に取り組む傍ら、2016年Flyway LABELを設立。第一弾作品としてパリで録音された「Jam Ka」をリリース。2017年にはレコーディングメンバーにてSUNSETSUNSIDE(Paris), BLUE NOTE TOKYOなどでライブをおこなう。
小沼ようすけ公式サイト

日野”JINO”賢二

日野”JINO”賢二

幼少の時、父である日野皓正(トランペッター)とともにNYに移住。9 歳よりトランペットを始め、16歳でベースに転向。17歳の時、ジャコ・パストリアスに師事する。19歳よりプレイヤーのみならずミュージックディレクターとしてプロ活動を開始。89年にはアポロシアターのハウスバンドの一員として出演。その後、父の日野皓正や叔父の日野元彦のアルバムに参加したり、NYブルーノートなどのライブハウスを中心にベーシストとして活動。2003年、アルバム『WONDERLAND』でのデビューを機に本拠地を日本に移して活動している。