2006年に第1回大会が開催され、今年で6回目の大会となる「ワンネーションカップ」。「ワンネーションカップ」は、15歳以下の少年少女が参加する国際的なサッカー大会で、国際交流を通してグローバルな視野を持った人間形成を目的としています。

これまでドイツ、南アフリカ、トルコなど世界各地で開催されてきましたが、2018年の大会はアジア初開催として、湘南の柳島スポーツ公園が試合会場となります。また、今回の湘南大会には、日本、ドイツ、トルコ、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランド、ロシア、中国の8カ国が参加します。

優勝をかけた戦いに加え、出場選手たちが大会会場となる茅ヶ崎市、平塚市、大磯町で同世代の中学生と交流するほか、湘南・鎌倉エリアで日本文化の体験も予定されています。

大会の模様は 6月23日(土)に、湘南ケーブルネットワーク、J:COM湘南などで放送されます。

【大会スケジュール / 会場】
◆5月21日(月)~5月25日(金)
開会式(21日のみ) / 会場:柳島スポーツ公園
予選(21日~25日) / 会場:柳島スポーツ公園、 馬入ふれあい公園、 星槎湘南大磯キャンパス
◆5月26日(土)
3位決定戦 / 会場:柳島スポーツ公園
決勝戦 / 会場:Shonan BMW スタジアム平塚

【出場国】
男子…日本(湘南選抜)、ニュージーランド、トルコ、オーストラリア、ロシア
女子…日本(湘南選抜)、オーストラリア、中国、南アフリカ、ドイツ